「子育て中のみなさんの悩みと要望を聞く会」を開催

 1月22日(土)区議団主催で、区内在住の子育て中の方のお話やご要望を聞く会を開催しました。
私自身、1才になる息子がいるので、同じくらいの子どもを育てているママの発言には、「わかる、わかる…」と思うことが多々ありました。

 要望で一番多かったのは、やはり「保育園をもっとふやして!」というものでした。自営業の方は、保育園に入れないため、子どもを連れて取引先にいったり、実家に預けたり、毎日綱渡りで仕事と子育てをこなしているというお話でした。看護師さんは、夜勤が免除されていた期間は何とか仕事を続けられたが、子どもが3才になり夜勤免除がなくなり、仕事をやめた。今は、次の仕事をさがしている、というお話でした。

 不妊治療についても、特定治療についてはある程度補助があるが、一般治療にも補助を出してほしいとの要望がありました。

 また、小学生のお子さんを持つ方からは、今の学童保育があまりに人数が多く大変。もっと環境を整備してほしい。先生の人数も増やしてほしいという要望が何人もの方から出されました。これには小さい子どもをもつお母さんたちもびっくり!

保育園に行く子どもがこれだけ増えているんだから、学童保育に行く子どもも当然さらに増えるはず…。

 日本共産党は、学童保育の環境整備、具体的には教室など使える部屋を増やすこと、職員を増やすことを議会でも繰り返し求めていますが、引き続き頑張らなければ、と思いました。

 中学生のお子さんをもつ方からは、区の行っている平和巡回展についてのご意見、また都立高校は授業料無償になったが、私立高校は、初年度85万円、92万円など負担が大きい。私立高校についても、対策をとってほしい、などのご要望がだされました。

 子育てママを応援したいと、元看護師さんや助産師さん、特別支援学校の先生、地域で子育てサロンを主催している方など年配の方々も多数、参加してくださいました。

 子育ての経験談や、保育園をつくれ!という運動のお話など貴重なお話を聞かせていただきました。

 議員としてはもちろん、子育て中の母親としてもとても勉強になりました。
みなさんから寄せられたご意見、ご要望は、さっそく議会活動に生かしていきたいと思います。



 この日の午後は、烏山地域の年金者組合「新春のつどい」に参加させていただきました。
 私も組合員の一人として、また区議会議員としてご挨拶をさせていただきました。

 この日は、参加者が100人を超え、大変盛り上がっていました。ここでも、北烏山の循環バスについてお話をすると、「あのバスにのって、銭湯に行く人が、終バスが早く終わるようになって困るっていってたよ」との情報が。
 やっぱり、困っている方が相当いらっしゃるようです。なんとか解決できるようがんばります。
[PR]

by satokichichobita | 2011-01-23 22:24 | 活動日誌  

<< 京王電鉄と交渉してきました バスの最終時間を元に戻して! >>