京王電鉄と交渉してきました

 今日は、京王電鉄本社で、千歳烏山駅や芦花公園駅の改善問題で交渉してきました。

 両駅とも、バリアフリーの工事がだいぶ進みもうすぐ完成します。2002年夏、まだ候補者だったときから地域の皆さんと駅のバリアフリー化を求めてきただけに、感慨深いものがあります。私自身、子どもをベビーカーに乗せて出かけるとき、地上改札になって本当に助かっています。
 
 運動に参加してきた住民のみなさんから、「駅のバリアフリー化工事はもうすぐ終了するけど、問題点はないのか、調査しよう」という声がだされ、11月に区内の京王線各駅を一駅ずつ現地調査を行いました。
 今回の交渉は、その時に明らかになった問題についての改善を求めるものです。要望項目は、全部で17項目になりますが、千歳烏山駅と芦花公園駅について報告します。

要望とそれに対する回答は以下の通りです。

千歳烏山駅について
①南口踏切際の植栽ボックスを撤去し、踏切手前の歩道幅を広げてください。
回答→道路と踏切は同じ幅にすることが原則。東口は現在エレベーター設置の工事をしているので、それと合わせて幅を広げられるよう検討したい。大幅には難しいが多少でも広げられるようにしたい。

②地下階段に自転車が通行しやすいようにスロープを設置し、南北通路として利用できるようにしてください。
回答→自転車用のスロープ設置については以前より要望をいただいているが、傾斜基準があり、スロープを設置するためには今の階段の倍の長さが必要になる。それは難しいので、西口改札の先にある地下通路の改善を図り、そちらに誘導していきたい。

③駅西口もバリアフリー化をお願いします。
回答→お気持ちはよくわかるが現在連続立体交差事業の対象となっているため、バリアフリー化のための補助金はなかなか難しい。

芦花公園駅について
①雨が降ったとき傘をささずに乗降できるよう屋根を設置してください。
回答→電車が止まるホームに屋根は必要と認識している。全駅順次、屋根をつける工事を行っている。1年1、2駅ずつ行っている。

②橋上駅の下の部分に、駐輪場を設置してください。
回答→今のところ、駅両側に区立駐輪場、京王の駐輪場があり、必要性は低いのではないか。

③下りのエスカレーターを降りたところが、すぐ道路のため、自転車など走ってくると危険です。安全対策をお願いします。
回答→道路そのものの対策はできないが、駅利用者の安全のため何らかの注意喚起ができないか検討したい。

 京王電鉄からは、鉄道事業本部から、計画管理部計画担当の方、工務部建築担当の方、鉄道営業部旅客サービス担当の方などが対応をしてくださいました。
 お話を伺っていると、「連続立体交差事業」が進もうとしているため、その補助金と重ねて補助金を出してもらうのが困難だという話が何回も出てきました。
 それでもいくつかの点では、今行っている工事と合わせ改善の方向で検討していただけるようなので、引き続き地域の皆さんの声を伺いながら、交渉など行っていきたいと思いました。



 
[PR]

by satokichichobita | 2011-01-24 18:39 | 活動日誌  

<< 外環道計画はおかしい! 「子育て中のみなさんの悩みと要... >>