5月2日 被災者支援の取り組みを保坂区長に申し入れ

 少し前のことになりますが、連休前の5月2日 区議団として「東日本大震災被災者救援活動について」申し入れを行いました。
 保坂展人新区長は、就任のあいさつなどで被災者支援を行うことを述べていました。
 私たち区議団の申し入れについても、前向きに取り組みたいとの回答がありました。

 特に私たちが強調したことは、被災者の状況や要望を踏まえて、区独自の救援計画をつくり、実施すること。避難所生活を送っている十数万人の方々の住宅支援に民間アパートなど等の提供を行うなど、区として予算措置もとって取り組むことです。

 区長は、被災者支援に区としてできるかぎりのことをやりたい、区内に避難してきている方々からはお話を伺う機会を持ちたい、などの回答がありました。

 私たちも全面的に協力し、少しでも早く、一人でも多くの被災者の方々の力になれるよう世田谷区としての取り組みをすすめたいと思います。
f0142113_17515429.jpg
[PR]

by satokichichobita | 2011-05-09 14:05 | 活動日誌  

<< 世田谷区でも放射能測定実施します メーデーに参加 >>