庶民いじめの増税は許せない!-街頭で訴えました

 6月11日から住民税の通知が発送されています。区議会開会中のおととい、昨日と区役所の担当部署の電話は鳴りっぱなしです。昼休みに、私も覗いてみましたが、電話が鳴っているのに誰も取りません。
「変だな~」と中を見てみると、ナントそこにいる職員全員が電話にかじりついていました。これじゃ、電話に出られません・・・。
 直接区役所にきた方は、おととい200人以上いたそうです。「あがるとは、聞いていたが、本当にこの金額か?」「どうしてこんなに上がるの?」皆さんの怒りは当然です。

「住民税が上がった分、所得税が下がっていますから、増税ではありません」と政府は盛んに宣伝していますが、とんでもありません。今年行われた、定率減税の廃止で、ほとんどの人が増税です。
 一方で、至上空前の儲けをあげている大企業や一部の大金持ちは特別に減税してもらっているなんて、許せますか?

この増税は、もともの公明党が言い出して、自民党と一緒にすすめたものです。
 こんな「逆立ち」税制は、きっぱりやめさせなくてはなりません!参議院選挙は大きなチャンスです!たしかな野党日本共産党のまさに出番のときです。

 今日は、とても暑い日でしたが、訴えている私もだいぶ熱くなってしまいました・・・。
 でも、烏山区民センター前で訴えていると、たくさんの方から声をかけていただけるので、逆に元気をもらえるんです。今日は、冷たいお茶の差し入れまでいただきました。ありがとうございました。
[PR]

by satokichichobita | 2007-06-16 20:26 | 活動日誌  

<< 生活と健康を守る会のお誕生会に... はじめまして >>