都営住宅の申し込み始まる

8月1日~都営住宅の募集の冊子が各総合支所などで配布されています。
この時期は、何とか都営住宅に入れる方法はないのかという相談が増えます。希望者は増え続けているのに、新しい住宅を全くつくらない(建て替えても戸数を増やさない)わけですから、当然そうなります。
今日午前中のご相談は、ご夫婦とも70代、車椅子を使うことになり、今の住宅が階段のため、大変苦労しているという方でした。
夕方にも、障がいのあるお子さんを抱えた方から今の住宅を建て替えるので、立ち退きを迫られている。何とか都営住宅に入れないか、というご相談がありました。
議員が動いたからといって、入れるわけではないので、書類の書き方などお手伝いをするだけ…。
「住まいは人権」収入に見合った家賃で安心して暮らせる住宅、やっぱり必要ですよね!
都営住宅の申し込みの書類を何人もの方にくばりながら、相談にのりながら、そう思いました。
[PR]

by satokichichobita | 2007-08-04 23:55 | 地域の問題  

<< 米軍移駐反対したら補助金カット 「北烏山2丁目北部地区地区計画」 >>