施設使用料値上げ、区民の意見は聞かないの?

 今回の、区議会企画総務委員会には、議案が14、認定5、報告事項15と実に多くの議題がありました。お伝えしたい内容はいくつもあるのですが、「区民施設使用料の見直しについて」報告します。
そもそも、施設使用料の見直し(実際は値上げですが・・・)について、初めて報告が議会にあったのは、7月26日でした。そのときは、具体的にどの施設が対象なのか、もちろん値上げ幅も、なにも明らかにされませんでした。条例提案の日程を聞いても、未定との回答でした。
8月15日号の「区のお知らせ」に掲載し区民の意見も伺いながらすすめると説明を受けました。
 
 実際8月15日号の「区のお知らせ」には、「受益者負担の見直しについて検討しています」という文章が4ページに掲載されています。その最後に、「受益者負担の見直しについて、ご意見をお寄せください。期限8月31日」とありました。
区民の皆さんは、当然区民の意見を集めて、検討してそれからどうするのか決めるのだと思うのではないでしょうか。(それもたった2週間の意見募集期間、夏休みと重なって団体では意見をまとめられない、などの苦情もいくつも寄せられたそうです。)

 今回の企画総務常任委員会には、具体的な対象施設名、値上げ幅が全て一覧表で示され、条例提案(値上げを決定する時期)を11月議会との予定が示されました。
質疑の中で条例提案を11月にすると決めたのはいつだったのか聞くと、8月20日の庁内会議だという回答だったのです。
 区民向けに8月末まで、意見募集しておきながら、具体的な値上げの条例提案の時期をそのさなかに決めてしまうって、どう考えてもおかしくありませんか?
そもそも区民の意見を聞く気などないのではないか?と思わざるをえません。
そのことを何度聞いても、「区民のみなさまに理解していただくよう・・・」といった回答しかありませんでした。

 こんなアリバイ的なやり方で、区は区民の声を聞いたというつもりなら、とんでもありません。
「区民の意見を聞きながら、理解を得ながら検討していきます」という区のお知らせではなく、
「議会ではまだ決まってないけど、もうすぐ値上げの条例を出すので、覚悟しててください」というお知らせだったのでしょうか?

そもそも、受益者負担の名による値上げ計画そのものが、ひどいはなしです!が、長くなるので、この話はまたこんど書きたいと思います。
[PR]

by satokichichobita | 2007-09-05 12:04 | 活動日誌  

<< 議員の本来の仕事とは… 議会準備の団会議 >>