保育園、区立幼稚園の値上げの理由は?

 施設使用料の値上げと一緒に示された、保育園と区立幼稚園の保育料の値上げ計画。

 2歳児を保育園に通わせているお母さんに話をしたら、「保育園で、父母に説明するっていってました」とのこと。細かく階層が分かれているので、一人当たりいくらの値上げとはいいにくいのですが、「保育園全体で見れば、約1億5千万円の値上げになる」と説明すると、びっくり!
「エー!世田谷区ってそんなお金ないの?」という答えが返ってきました。
そうですよね。やっぱりみんなそう思いますよね・・・。でも、実際は世田谷区の財政が厳しいわけではありません。今度の補正予算で、一気に70億円も基金に積み立てる(貯金にまわす)くらいですから・・・。
 
ちなみに区立幼稚園の保育料は6000円から8000円への値上げという計画です。
 値上げの理由は、どちらも「税による負担と受益者による負担との適切なバランスを確保し、区民間の公平な負担を実現するため」だそうです。
この適切なバランスってなんでしょうか?この値上げで、バランスはよくなったのでしょうか?それともまだまだバランスが悪いから、今後も値上げが必要なのでしょうか?

 子育て支援を拡充するという区長の公約は、いったいどこへ行ってしまったのでしょうか?
こんな値上げ計画は、やっぱりおかしいし、公約違反ですよね。
日本共産党区議団としても、この問題しっかり取り組んでいきます!!

★具体的な内容は、9月20日号の区のお知らせに出るそうです。
[PR]

by satokichichobita | 2007-09-08 21:59 | 議会報告  

<< 9条の会 台風9号 >>