区長が非核3原則を尊重すると発言

これは、今日の中里光夫区議の一般質問に答えたものです。
中里区議は、核兵器をめぐる問題について、平和都市宣言にもとづいて、世田谷区が平和のために積極的に貢献する、そのためにも、区長の態度が大切と訴えました。

そして「唯一の被爆国である日本には、核廃絶での役割を発揮してほしいと言う期待が内外にあります。 今、政府が、核兵器を持たず、つくらず、持込ませずの「非核3原則」の立場を鮮明にすることが必要です。それを政府に求める「非核日本宣言」運動が広がっています」ということを述べて、区長に「非核3原則」についてどう考えているのか質問しました。

区長は「核を作らず、持たず、持ち込ませず」ということは、世田谷平和都市宣言を決めときから変わらないと答弁しました。

世田谷区長が「非核3原則を尊重する」という立場を表明したことは、とても意義あることだと思います。
[PR]

by satokichichobita | 2007-09-20 23:58 | 議会報告  

<< 千歳烏山駅周辺地区街づくり協議... 一般質問が終わりました >>