原爆症実態合う認定に-厚労省検討会が被爆者聞き取り

原爆症認定基準の見直しについて議論する厚生労働省の検討会が開かれ、被爆者の聞き取りが行われました。
約25万人もいる被爆者…でも原爆症と認定されているのは、たった2000人余り。
被爆者方々は、やむにやまれぬ思いで 「原爆症認定集団訴訟」という形で基準の見直しを求めてきました。
集団訴訟では、国が6連敗し、国も重い腰をあげたのです。
厚労省の検討会での意見陳述を新聞で読みましたが、この裁判中にも亡くなっている原告の方もおり、国は一刻も早い制度の見直し、救済をすべきと改めて思いました。
[PR]

by satokichichobita | 2007-09-29 23:27 | ニュースを読む  

<< 憲法の集い 来週からいよいよ決算特別委員会 >>