保育園の保育料、ホントは3億円の負担増

今日から決算特別委員会。
この質疑の中で、保育園の保育料について新たなことが明らかになりました。
それは、今年所得税が下がったために、このまま保育料の見直しを行わなければ、総額1億円以上の負担減、値下げになったということです。
区は、下がり過ぎる分調整するようなことを言いながら、実際の値上げ計画は、総額1億7千万円。
結局約3億円もの負担増になってしまいます。
我が党の桜井稔区議の質問で明らかになりました。
子育て世代の他会派議員さんも驚いていました。
基本的には日本全国どこでも保育料が下がるのに世田谷区では逆に平均17%も値上げするなんて納得できませんよね!
[PR]

by satokichichobita | 2007-10-02 23:55 | 議会報告  

<< 区民施設使用料総額1億円値上げ... 世田谷区の保育料及び各種使用料... >>