店長なのに給料がでない!?

 街はクリスマス一色ですが、この連休中もいろんな相談が入りました。
昨日相談にきた20代の男性は、昨年、雇われ店長をしていたとき、給料が半分くらいしか出してもらえなかったというのです。オーナーに何度申し入れても聞いてもらえず、「売り上げが少ないから、お前も泣け!」などと言われ払ってもらえなかったそうです。
 これでは食べていけないとその仕事は辞めて、今は別の仕事をしているそうですが、妻と子どもがいる彼は、どうしても納得できないと、相談にきたのです。
 残業代不払いなどの労働基準法違反が、まかり通っているのは本当に許せませんよね。

 世田谷区でも「首都圏青年ユニオン」(働く青年の労働条件を守る組織)の準備会がつくられています。こういう組織とも協力して、彼の相談も解決したいと思います!!
[PR]

by satokichichobita | 2007-12-24 23:28 | 活動日誌  

<< 今日は仕事初めです 給田墓地問題、新たな展開! >>