京王線千歳烏山駅のこれからを考える

大雪が降った先週の日曜日(2月3日)、京王線の調布駅と府中駅の視察に行ってきました。
千歳烏山駅や周辺の街づくりを考えるうえで、参考にするためです。それぞれの駅では、地元の共産党市議さんから説明を受けてきました。調布駅は、何年も前に駅の地下化を求める大きな運動があったそうで、現在線路を地下に通す連続立体交差事業が進んでいます。
また、府中駅は、ずいぶん前に線路を高架化しています。おなじ時期に再開発も進められたそうですが、駅前の一角だけ、再開発に反対したそうで、昔ながらの店が残っていました。
線路が地下にもぐった場合、高架になった場合どうなるのか具体的にわかって、大変勉強になりました。
今後、小田急線の視察も行う予定です。
[PR]

by satokichichobita | 2008-02-10 23:33 | 活動日誌  

<< ブログ再開!! 廃プラスチック焼却の実証確認試... >>