カテゴリ:活動日誌( 66 )

 

施設使用料値上げ、区民の意見は聞かないの?

 今回の、区議会企画総務委員会には、議案が14、認定5、報告事項15と実に多くの議題がありました。お伝えしたい内容はいくつもあるのですが、「区民施設使用料の見直しについて」報告します。
そもそも、施設使用料の見直し(実際は値上げですが・・・)について、初めて報告が議会にあったのは、7月26日でした。そのときは、具体的にどの施設が対象なのか、もちろん値上げ幅も、なにも明らかにされませんでした。条例提案の日程を聞いても、未定との回答でした。
8月15日号の「区のお知らせ」に掲載し区民の意見も伺いながらすすめると説明を受けました。
 
 実際8月15日号の「区のお知らせ」には、「受益者負担の見直しについて検討しています」という文章が4ページに掲載されています。その最後に、「受益者負担の見直しについて、ご意見をお寄せください。期限8月31日」とありました。
区民の皆さんは、当然区民の意見を集めて、検討してそれからどうするのか決めるのだと思うのではないでしょうか。(それもたった2週間の意見募集期間、夏休みと重なって団体では意見をまとめられない、などの苦情もいくつも寄せられたそうです。)

 今回の企画総務常任委員会には、具体的な対象施設名、値上げ幅が全て一覧表で示され、条例提案(値上げを決定する時期)を11月議会との予定が示されました。
質疑の中で条例提案を11月にすると決めたのはいつだったのか聞くと、8月20日の庁内会議だという回答だったのです。
 区民向けに8月末まで、意見募集しておきながら、具体的な値上げの条例提案の時期をそのさなかに決めてしまうって、どう考えてもおかしくありませんか?
そもそも区民の意見を聞く気などないのではないか?と思わざるをえません。
そのことを何度聞いても、「区民のみなさまに理解していただくよう・・・」といった回答しかありませんでした。

 こんなアリバイ的なやり方で、区は区民の声を聞いたというつもりなら、とんでもありません。
「区民の意見を聞きながら、理解を得ながら検討していきます」という区のお知らせではなく、
「議会ではまだ決まってないけど、もうすぐ値上げの条例を出すので、覚悟しててください」というお知らせだったのでしょうか?

そもそも、受益者負担の名による値上げ計画そのものが、ひどいはなしです!が、長くなるので、この話はまたこんど書きたいと思います。
[PR]

by satokichichobita | 2007-09-05 12:04 | 活動日誌  

議会準備の団会議

今日は朝から断続的に、一日団会議でした。
それぞれ準備している質問について集団で検討します。自分なりに準備していても、他の議員から指摘を受けて気がつくことがたくさんあります。
質問項目や質問日時は決定したらこのブログでもお知らせします。
みなさま、是非傍聴にいらして下さい!
[PR]

by satokichichobita | 2007-09-03 22:42 | 活動日誌  

第49回自治体学校

f0142113_2345206.jpg

今日、明日の二日間、神奈川で自治体学校が行われています。
本当は7月27日~29日に長野県で行われるはずだったのですが、参議院選挙が急に一週間ずれて、学校開催と重なってしまったために、延期を余儀なくされたのです。準備にあたられた皆さんのご苦労も大変だったと思います。
今日は、1時から夜9時近くまで、講義を受けて来ました。
写真は、夜の分科会の様子です。
財政破綻で全国の注目を浴びている夕張市の現状や今後の問題点などについて、夕張労働組合総連合事務局長の熊谷さんと、立命館大学教授の平岡さんの対談は、大変勉強になりました。
財政破綻の責任を住民にだけ押し付ける自治体再生はやっぱり間違ってる!と思いました。
地方自治体とはどうあるべきか、考えさせられました。
明日も朝から学校なので今日の報告はこれくらいで終わりにします。
[PR]

by satokichichobita | 2007-09-01 23:45 | 活動日誌  

やっぱり世田谷区って余裕があるのでしょうか?

9月議会に向けて、補正予算案の説明をききました。
合宿では、その内容も含めていろいろ議論してきたのですが、資料を読んだり議論を深めれば深めるほど、やっぱり世田谷区の予算の使い方はおかしい!と思うのです。
今回の補正予算の内訳は、去年度からの繰越財源83億円から65億6千万円使って組まれています。内容を見てみると、補正総額は79億円ですが、そのうち50億円はせたがやトラスト基金に積み立て、20億円は義務教育施設整備基金に積み立てるというものです。
なぜ今、せたがやトラスト基金に50億円も補正で積み立てる必要があるのでしょうか?
今まで6億8千万円しかなかった基金が一気に56億8千万円になるのです。
他にやらなければいけないこと、救わなければならない人たちがいるのではないか、と怒りさえわいてきます。

今回の参議院選挙では、自民・公明の歴史的敗退という結果でした。これは、小泉・安倍政権が続けてきた弱肉強食の「構造改革」路線への「ノー」の審判です。
こうした中、相次ぐ増税、社会保障の切捨てによる庶民の痛みを、少しでも軽くする、和らげることこそ、地方自治体の役割です。
本来、増税による区民の負担増を軽減することにこそ、税金を最優先に使うべきではないでしょうか。

補正予算の中には、遅れている学校耐震工事を進めるものや、子育て施設の拡充、自転車駐輪場の増設など評価できるものも、もちろんあります。

しかし、79億円の補正予算を組んで、そのうち70億円が基金への積み立てで、しかも50億円は、緊急に必要とも思えない基金への積み立てです。
この補正予算からは、不要不急の積み立てには、50億円も使いながら、増税などで暮らしが大変な区民への、負担軽減などは行わないという、区民に冷たい区政が見えてきます。
[PR]

by satokichichobita | 2007-08-30 19:06 | 活動日誌  

区議団合宿

定例議会に向けて、議員団で泊まりがけで勉強会に行ってきました。
朝から、夜10時近くまで、食事を挟んで議論をするのは、大変ですがとても勉強になります。
特に9月議会は決算審査もあり議会が約一ヶ月続きますから、準備も大変なんです。
また施設使用料、保育園、幼稚園の保育料などの値上げが計画されているのをご存知ですか? (11月議会に条例案を出す予定)
世田谷区の財政は厳しいわけでもないのに、どうして今値上げなんて考えるのでしょうか?
住民税増税などでくらしが大変な区民のことを考えたらこんなことできないと思うんですが…。
全く信じられません。
世田谷区は、区民のみなさんの意見を募集していますから、ご意見あるかたはどんどん寄せて下さい!
[PR]

by satokichichobita | 2007-08-29 23:55 | 活動日誌  

日本母親大会に参加しました

昨日の報告です。
第53回日本母親大会は東京で開催されました。私は、「女性と権利」の集会に参加しました。
午前中はパネルディスカッション。パネラーの平山知子弁護士の「自分の生きたい道を生きるのが本当で、それを憲法が保証している」と発言していました。
この憲法を本当に実現したら、女性差別なんて絶対なくなるはず!と改めて思いました。
また、「日本で初めてストライキを成功させたのは、製糸工場の女工さんたち」というはなしを聞いて、最近、契約社員の若い女性たちが、クミアイを作って一方的解雇を撤回させたニュースを思い出しました。
いつの時代も、こうして女性たちが歴史を切り開いてきたんだなあと実感。
母親大会で元気をいっぱいもらいました。
[PR]

by satokichichobita | 2007-08-27 23:13 | 活動日誌  

グローリオ芦花公園マンション説明会

f0142113_0404792.jpg

今日は、2期目当選させていただいた後、初めての区政懇談会を行いました。施設利用料や保育料の値上げ計画から地域の問題までお話をさせていただきました。
夕方からは、グローリオ芦花公園マンション計画の説明会に参加しました。
写真は、「マンションの大きさ、高さのイメージがわかない」という住民の要求に答えて、業者が造った模型です。
模型を見て改めて、やっぱり高すぎる!というのが率直な感想です。
[PR]

by satokichichobita | 2007-08-25 23:50 | 活動日誌  

後援会主催の「平和のつどい」

f0142113_1411573.jpg

今日はここ数年恒例になっている、「平和のつどい」に参加させていただきました。
戦争体験について語る方、書や版画、絵手紙などの作品展示など、平和について改めて考えるつどいです。
空襲の中逃げ回った話、窮屈だった学校、疎開の辛い思い出などが語られました。
さらに今年は、特別企画としてハープの生演奏がありました。
後援会の皆さんの人の輪ってスゴイですよね。
写真の方はハープの修理や調律のお仕事をしている方です。この世界では大変有名な方なんですよ。
ハープについてお話を伺ったあと、ハープのミニコンサート。クラシックはもちろん、「千の風になって」「河の流れのように」などを演奏していただきました。
なんともいえない優雅な音色でみんなうっとり。
素敵な時間を過ごすことができました。
[PR]

by satokichichobita | 2007-08-19 23:55 | 活動日誌  

烏山ピースウォーク

烏山に9条の会ができてから毎年8月9日の夜はピースウォークが恒例行事として定着してきました。
下は2才から上は80代まで、みんなで楽しく「憲法9条を守ろう」「世界から核兵器をなくそう」とシュプレヒコールしながら烏山を歩きました。
沿道から応援してくれる人や、見送りにくる方などもいて、みなさんから元気をもらいました。
烏山の9条の会は正式には「憲法9条に愛せられ憲法9条を愛する烏山地域の会」といいます。キリスト教の牧師さんや寺町の住職さんなど色んな方が参加しています。
お近くにお住まいの方は是非、参加してください!お待ちしてます!
[PR]

by satokichichobita | 2007-08-09 23:55 | 活動日誌  

8月6日に思うこと

今年も、この日がまた巡ってきました。広島に原爆が投下されてから62回目の夏です。
世田谷に住んでいる被爆者の方の話しを残そうと聞き取って、本にまとめるという活動に、数年前参加させていただきました。
今なお、心と身体に癒えることのない深い傷を負っている…私に一体何がわかるというのか、想像を絶する地獄のような中を生き抜いてきた方の話しを聞きながらいつも考えてしまいます。
「二度とヒバクシャをつくらないでください」
あの日のことを話すと思い出してしまい、夜眠れなくなる、できることなら話したくない…でも伝えなければ…いろんな思いを抱えながら話してくれているのです。
核兵器を地球上からなくすことを目指して、今年も原水爆禁止世界大会が開かれます。わが議員団からは中里光夫区議が参加します。
[PR]

by satokichichobita | 2007-08-06 23:59 | 活動日誌