カテゴリ:地域の問題( 8 )

 

終バスをもとに戻して! 関東バスとの交渉にいってきました


 6月20日、以前から地域で要望がでていた「寺院通り〜久我山病院〜北住宅=循環バス」の改善を求めて、北烏山在住の住民の皆さんと、関東バス本社に交渉に行ってきました。
 要望項目は、
①現在19時10分に変更されている終バスを、以前の20時30分に戻してください。
②バスを小型化するなどして、バスの本数を増やして下さい。
の二つです。

交渉では、地域で224筆の署名を提出し、参加した皆さんがそれぞれの思いを訴えました。
「寺院通りを夜歩くのは、暗くて怖いのでバスはとても助かっていたが、19時に終わってしまうのは早すぎる」「久我山病院の面会は夜8時まで。せめてその時間までバスが欲しい」「住んでる場所から千歳烏山駅に出るまで歩くと30分近くかかる。」「北烏山は区内でも高齢化の進んでいる地域。自転車に乗れなくなると、バスだけがたより・・・」などなど。

 北烏山のこの地域で、自転車に乗らない高齢者の方は、病院に行くにも、買い物に行くにも、このバスを利用しているため、この循環バスは、生活に欠かせません。
 終バスが早くなってしまったことと、運行本数が減ってしまったことで、利用しにくくなったというお困りの声が数多く寄せられており、署名も次々集まっています。

 関東バスからは、運輸部の営業担当部長さんら3名の方が対応してくださいました。
道路事情や、経営状況、小型バス購入した場合のコストなど、さまざまな困難がある中で、こうした経営判断を行なったとの説明を丁寧にしていただきました。
地域住民のみなさんも、私も、初めて聞く話もたくさんあり、勉強になりました。
 一方で、いろいろ大変であっても地域の大切な足であるバスの運行は改善してもらわなければ困ります。今のままだと、本数が減ったことで、バス利用者がますます減ると、ますます運行が困難になるという悪循環に陥りかねません。他地域の状況なども勉強し、バス運行の改善に向けてこれからがスタートです。
[PR]

by satokichichobita | 2011-06-21 17:35 | 地域の問題  

千歳烏山駅のバリアフリーは後退?

かねてより、エスカレーターやエレベーターを早くつけて欲しいと運動のあった千歳烏山駅。
2010年までに設置する方針を明らかにした京王ですが、実際にはなかなか進んでいません。
それどころか、バリアフリーは後退していると不満の声があがっています。
ベビーカーを押して電車に乗るとき、今までは駅員さんをブザーで呼ぶと、スロープを通してくれたのに、この数ヶ月はスロープを使わせてくれないのです。
ブザーで駅員さんを呼んでもベビーカーを持って階段の上り下りをしてくれるだけなんです。
他の駅はエスカレーターやエレベーターが当たり前になっている今、あまりに遅れている駅で、さらに対応も以前より悪くなるなんて、おかしいですよね。
京王電鉄とも交渉してなんとかスロープくらい必要な人が使えるようにしていきたいと思います!
[PR]

by satokichichobita | 2008-01-21 23:58 | 地域の問題  

耐震補強工事の済んでいない小中学校の耐震診断結果が公表されました

 毎日子どもたちが一日の大半を過ごす学校、イザというときは地域の避難場所となる学校が地震補強されているかどうか、子どもたちにとっても、地域にとっても大切な問題です。
日本共産党世田谷区議団は、これまで繰り返し学校の耐震補強を早急に行うよう求めてきました。

文部科学省の発表によって世田谷区立の小中学校の耐震化率が50.8%と約半分であることが明らかになった直後の2006年6月議会では、私が代表質問に立ち、全庁あげて学校耐震問題にとりくむこと、そのためにも耐震診断の結果を公表し、危険度の高い学校から改修工事を行うなどの対応を求めました。
しかし、区は「…学校整備基本方針で、2009年度までにすべての校舎の耐震補強工事を終了させるなど、最優先課題で取り組んでいる」と述べるだけで、耐震診断の結果についてはまったく明らかにしませんでした。

その後、2006年10月決算特別委員会では、築50年の芦花小学校について具体的に質問しました。この学校では、PTAから学校の改築を求める要望署名も出されていました。私は、学校を視察し大きなひび割れや雨漏りの跡なども写真をパネルにして示し、こういう危険な状況で、“耐震診断は終わっているが、改修するか改築するか検討中”では困る、一刻も早く対応することを求めました。

最終的には芦花小は、隣の芦花中とあわせて改築することになったのでよかったのですが、やはり釈然としないものが残りました。

引き続き情報公開請求も行い、耐震診断の結果の公表を求めていたところ、昨日、対象となるすべての小中学校の耐震診断の結果が公表されました。
 
 さっそく芦花小を見てみると、学校でも危険といわれていた校舎の最低値は、耐震指標ⅠS値0.17でした。ⅠS値は、0.6必要であり、0.3以下は、震度6以上の地震で倒壊の危険が高いといわれています。改めて危険な校舎であることを認識しました。
 現在その校舎は日常の教室としては使っていないそうですが、一日も早くプレハブ校舎を完成させ、危険な校舎に一歩も入らないですむようにしなければならないと思いました。地震はいつ来るか誰にもわからないのですから…。

  他の学校でも、改めて校舎のどの部分が危険なのかを認識し、避難訓練や応急対策などの対応が求められます。
[PR]

by satokichichobita | 2008-01-11 21:00 | 地域の問題  

給田墓地問題、新たな展開!

 もう、かれこれ5年も関わっている給田墓地問題。地域で粘り強い反対運動が取り組まれてきました。私も議会で繰り返し取り上げてきました。
 今年に入り、墓地予定地が、銀行によって差し押さえられるという事態になり、「もうこれで墓地計画は無理だろう」と思ったのもつかの間、競売にかけられた土地を、当事者の宗教法人が落札してしまいました。
 これまで資金繰りがうまくいかず、抵当をはずせなかったのに、競売にかけられたとたん、11億5千万円で落札するなんて、いったいどんな経路でお金が動いたのか??
これで、土地が宗教法人のものになれば、一気に墓地建設への動きがすすんでしまう・・・。いったいこれから何をすればいいのか・・・と考えていたところに、ニュースが飛び込んできたのです!!
 それは、落札したのに、支払い期限の12月20日になっても、宗教法人から入金がなかったというもの。
いったいどうなっているのでしょうか?
 担当所管である世田谷保健所に問い合わせしたところ、課長さんも裁判所で確認済みでした。宗教法人の弁護士と話をしようと追っかけているそうですが、その後どうなるのか、墓地計画はあきらめるつもりなのか・・・まだ詳しいことはわからないようです。

 それにしても、この墓地問題、区として終止符を打つべく対応をすべきではないでしょうか。
私は、昨年の第4回定例議会で、給田墓地問題について質問しましました。結局このときと区の対応は変わっていません。これまで区の再三の指導に従わずにきた宗教法人に対し、少なくとも墓地予定地の標識については撤去するよう再度指導すべきです。従わなければ、事業名の公表するなどすべきです。

 いままで何度か、これで計画は中止になったのでは?と思うようなことが何回もありました。でもその度に計画が復活してきましたから、今回もまだ安心はできません。計画中止になるまで、地域のみなさんとがんばります。



(2006年第4回定例区議会より抜粋)

 「私はこの計画について、営利追求の計画であることや、永続性が担保されていないなどの問題点を指摘し、中止しかないと申し上げてきました。経過はさまざまありますが、中止になったわけでもなく、申請も出されないまま、膠着状態になっています。
 区は、ことしの六月中旬と九月中旬に二回にわたって本計画の見直しをするとともに、標識の撤去を求める指導書を計画の事業主体である光母寺に出しましたが、光母寺は、きょう現在に至るまで標識撤去もせず、保健所の指導には全く従っていません。
 区は給田墓地問題の解決に向け、繰り返しの指導に従わない宗教法人に対し、事業者名を公表するなどの措置をとるべきです。区の見解を伺います。」


区の答弁「給田墓地問題について公表などの措置をというご質問でございます。
 本年六月、区では当該宗教法人に対して、申請書の提出と、提出ができない場合に墓地建設計画のスケジュールの見直しと事前周知手続のやり直しを求める指導書を交付いたしましたが、その後も申請書の提出がなされず、従前の標識が設置されているため、九月と十月の二度にわたり、この宗教法人に対して指導書を交付し、直ちに必要な手続を行うことを求めております。今後も指導をしてまいります。」
[PR]

by satokichichobita | 2007-12-22 22:26 | 地域の問題  

オウム反対抗議集会

オウム真理教が世田谷区の烏山の地に集団居住し本部を置いて7年になろうとしています。
この間、烏山地域オウム真理教(現アレフ)対策住民協議会は、オウム施設の監視活動をはじめ様々な活動に取り組んでこられました。
粘り強い活動には頭が下がります。
10月13日(土)は第15回抗議デモ・学習会が開かれます。
デモは、烏山区民センター広場2時集合
学習会は、烏山区民センターホールで3時開会です。
オウムの「解散・解体」を目指しての大切な企画です。
皆さんも是非ご参加下さい。
[PR]

by satokichichobita | 2007-10-10 23:41 | 地域の問題  

千歳烏山駅周辺地区街づくり協議会設立総会

今日は、千歳烏山駅周辺地区街づくり協議会設立総会に参加してきました。
世田谷区では、京王線(笹塚駅~仙川駅)の連続立体交差化事業の実現に向けて、東京都、杉並区、京王電鉄とともに当該区間の道路や沿線街づくりに関する検討会を設置しています。

地域でも自分たちの街づくりについて考えて、地区街づくり計画の検討、立案などするために、今回の協議会を設立するはこびとなったそうです。
今日は、これまでの経過や協議会設立の趣旨が報告された後、会則を決めたり運営委員の選出を行いました。

次回の協議会は10月30日(火)18時半~烏山区民センター集会室です。
烏山駅前の街づくりに関心のある方は参加してみてはいかがでしょうか。
[PR]

by satokichichobita | 2007-09-21 23:45 | 地域の問題  

都営住宅の申し込み始まる

8月1日~都営住宅の募集の冊子が各総合支所などで配布されています。
この時期は、何とか都営住宅に入れる方法はないのかという相談が増えます。希望者は増え続けているのに、新しい住宅を全くつくらない(建て替えても戸数を増やさない)わけですから、当然そうなります。
今日午前中のご相談は、ご夫婦とも70代、車椅子を使うことになり、今の住宅が階段のため、大変苦労しているという方でした。
夕方にも、障がいのあるお子さんを抱えた方から今の住宅を建て替えるので、立ち退きを迫られている。何とか都営住宅に入れないか、というご相談がありました。
議員が動いたからといって、入れるわけではないので、書類の書き方などお手伝いをするだけ…。
「住まいは人権」収入に見合った家賃で安心して暮らせる住宅、やっぱり必要ですよね!
都営住宅の申し込みの書類を何人もの方にくばりながら、相談にのりながら、そう思いました。
[PR]

by satokichichobita | 2007-08-04 23:55 | 地域の問題  

「北烏山2丁目北部地区地区計画」

今日は、地区計画策定に伴う意見交歓会が開かれると聞き、参加してきました。
もともと公社久我山住宅の建て替え計画もあり、建て替え前に、周辺地域も含めての地区計画を決めてしまおうということのようでした。
説明の後、質疑応答にはいりましたが、議論は久我山住宅内を通る道路に集中していました。
いつも渋滞している下本宿通りから松葉通りへの抜け道になってしまうのではないか?という不安の声が多く出されていました。
住宅街や団地の中に関係ない車には入ってこないで欲しいというのは、もっともな意見です。
区の説明は、世田谷区特に烏山は道路事情が悪いから、整備を進めなければいけない、というものでしたが、団地の中に道路を通すことが、必要という説明にはなっていないと思いました。
これから、さらに住民の声をきき9月末に「素案」の説明会を行うそうです。
今日聞いた限りでは、団地内の抜け道になる道路はいらない、というのが住民のみなさんの声でした。
この声に応えた素案に是非していただきたいと思いました。
[PR]

by satokichichobita | 2007-08-03 22:04 | 地域の問題