カテゴリ:議会報告( 20 )

 

サンケイリビング社のフリーペーパー 世田谷区教委が配布協定を解除


 世田谷区教育委員会は、サンケイリビング社が発行するフリーペーパー「エコリ-世田谷版-」を区立小学校で配布することを定めた協定を結んでいた問題で、区教委は2日、協定を解除すると表明しました。
区議会決算特別委員会で、日本共産党の中里光夫区議の質問に答えたものです。

子育て世代を狙い撃ちにした企業広告

 「エコリ」とはどのような雑誌でしょうか。サンケイリビング社のホームページによれば、創刊の目的は「より良い小学生ライフを送るための学校教育、家庭教育のサポート」とありますが、「ここ数年子育て情報誌の創刊ブームとなっている」「団塊のおじいちゃん、おばあちゃんをはじめとした「孫マーケット」が形成されつつあり、2007年問題も追い風となる」という背景を受けて創刊したと書いてあります。そして、特徴として「配付ステージは小学校」「担任の先生から児童一人ひとりに配付され保護者に届けられます。確かな配付と媒体に対する受け取り手の高い信頼性が期待できます」と、子育て世代を狙い撃ちにした広告媒体としての有効性をアピールしています。
 一目で広告とわかるものだけでなく、「記事体広告」と呼ばれる、記事の体裁をした広告が使われています。「しっかり早起き、きちんと朝ご飯」という記事は、早起き奨励の記事ではなく、旅行会社の広告です。新幹線を使った京都への日帰りパックツアーの広告で、「きちんと朝ご飯」の中身は駅弁の宣伝です。また、巻末にアンケートハガキが添付されていますが「個人情報収集の仕掛けつき広告だ」と指摘されています。フリーペーパーは広告収入によって発行し、無料配布するものです。大部分が広告で占められています。

区立小学校が広告配布を請負

 世田谷区教育委員会は、サンケイリビング社と協定を結んでいました。協定では、編集はサンケイリビング社が行い、教育委員会が区立小学校を通じてエコリを保護者等に配布することが決められています。区立小学校が企業広告の配布を請け負うことになります。

「配布は不適切」日本共産党が追求

 日本共産党の中里光夫区議は「記事を装った広告をはじめ、紙面のほとんどが企業広告であり、このようなものを教育委員会が小学校で配布することは不適切」だと追求しました。世田谷区教育委員会は協定の解除を通知したことを表明しました。しかし、解除は2ヶ月前に通知することになっており、10月、11月の2回は親を対象に配布する」と答弁しました。中里区議は「配布は中止すべき」と求めました。
[PR]

by satokichichobita | 2007-10-05 21:01 | 議会報告  

区民施設使用料総額1億円値上げの根拠は?

今日も「決算特別委員会」共産党は昨日の保育料に続いて、今日は施設使用料の値上げについて取り上げました。
質疑の中で明らかになったことは、負担と税の公平、バランス、運営経費の何割を負担してもらうなどの説明がされているが、結局どれだけ区民が負担すればバランスがいいといえるのか、区の考える税金と利用者負担の適切な負担のバランスを、区は示していないということです。
いろいろ計算したが、最終的には、2割の負担増に抑えました、なぜ2割なのかといえば、あまり高すぎてもよくないから…。
結局区のさじ加減で決められた金額だということです。
区の財政が厳しいわけでもない中、こうした値上げは本当に許せません。
[PR]

by satokichichobita | 2007-10-03 12:59 | 議会報告  

保育園の保育料、ホントは3億円の負担増

今日から決算特別委員会。
この質疑の中で、保育園の保育料について新たなことが明らかになりました。
それは、今年所得税が下がったために、このまま保育料の見直しを行わなければ、総額1億円以上の負担減、値下げになったということです。
区は、下がり過ぎる分調整するようなことを言いながら、実際の値上げ計画は、総額1億7千万円。
結局約3億円もの負担増になってしまいます。
我が党の桜井稔区議の質問で明らかになりました。
子育て世代の他会派議員さんも驚いていました。
基本的には日本全国どこでも保育料が下がるのに世田谷区では逆に平均17%も値上げするなんて納得できませんよね!
[PR]

by satokichichobita | 2007-10-02 23:55 | 議会報告  

来週からいよいよ決算特別委員会

早いもので、来週はもう10月。世田谷区議会では2日から決算特別委員会が始まります。
事前通告して行う質問ではないため、直前までいろいろ検討して、どんな質問になるのか、まだ自分でもわかりません…。
予算懇談会でお話を伺ったみなさんの要望なども含めてしっかり取り上げていきたいと思います。
[PR]

by satokichichobita | 2007-09-28 23:36 | 議会報告  

沖縄戦集団自決ー教科書検定の撤回もとめて東京でも意見書採択

 
 文部科学省が「集団自決」に軍の関与があったとする歴史教科書を検定にしないとしたことに対して沖縄の県議会、市町村議会すべてが抗議の意見書をあげていますが、東京都内の自治体でも2つの市議会で意見書が採択されました。東久留米市議会と国立市議会です。

 この問題は、もちろん沖縄だけの問題ではありません。過去の侵略戦争が正しい戦争だったと、歴史の事実さえゆがめてしまおうということに対し、国内外から厳しい批判の声が上がっています。

 わが区議団も、代表質問で平和の問題を取り上げました。(桜井稔区議が行いました)
その一部を紹介します。

 最後に、平和の問題で区長の見解を伺います。
 日本がアジアの国々に侵略戦争を行い、日本で310万人、アジアで2000万人の尊い命が奪われ、その深い反省から二度と戦争をしないと誓ったのが憲法9条です。
略)

 沖縄戦では20万人が命を落としました。
 私はこの夏、沖縄の戦跡をみました。もっとも激しい戦争になった沖縄南部、その一つの「ひめゆり」跡地では、10代、20代の女性200人以上が亡くなりました。
 日本軍が住民に「米軍に捕まるな」と命令し、「いざという時は自決せよ」と手りゅう弾を配り、日本軍によって壕を追い出され砲弾飛びかう中で死んだ者や敵に捕らえられないために海に身を投げた者、手りゅう弾を胸にあて爆発させた者など、多くの村人が集団自決に追いこまれました。
 ひめゆり平和祈念資料館の鎮魂の間には、ひめゆり学徒の一人ひとりの遺影があり、写真の下に生前の人柄、戦時中の様子などが書かれています。
 元気で明るくみんなに好かれていた。誰にでも優しく思いやりがあった。本が好きで勉強熱心だった。
 などなど一人ひとりの女子学生の生きた証を読み続けるうちに、なぜこの若い人らが死ななければならなかったのだろうと、涙がとまらなくなりました。
 文部科学省は、「集団自決」に軍の関与があったとする歴史教科書を検定にしない、ことに対して沖縄の県議会、市町村議会すべてが抗議の意見書をあげました。
 意見書では「集団自決が日本軍の関与なしの起こりえなかったことは紛れもない事実」と指摘しています。
 区長は、区長のご家族も戦争の惨禍に遭われ、戦争のご苦労を体験しています。戦争をすすめた軍隊が多くの女性や子どもをまきこんで、多くの悲劇を生みだしました。
 こんな悲惨な戦争を二度と繰り返してはならないと思いますが、区長の見解を伺います。
 また沖縄戦での「集団自決」に「軍の関与がなかった」ということにどう思うか。見解を伺います。
[PR]

by satokichichobita | 2007-09-24 21:08 | 議会報告  

区長が非核3原則を尊重すると発言

これは、今日の中里光夫区議の一般質問に答えたものです。
中里区議は、核兵器をめぐる問題について、平和都市宣言にもとづいて、世田谷区が平和のために積極的に貢献する、そのためにも、区長の態度が大切と訴えました。

そして「唯一の被爆国である日本には、核廃絶での役割を発揮してほしいと言う期待が内外にあります。 今、政府が、核兵器を持たず、つくらず、持込ませずの「非核3原則」の立場を鮮明にすることが必要です。それを政府に求める「非核日本宣言」運動が広がっています」ということを述べて、区長に「非核3原則」についてどう考えているのか質問しました。

区長は「核を作らず、持たず、持ち込ませず」ということは、世田谷平和都市宣言を決めときから変わらないと答弁しました。

世田谷区長が「非核3原則を尊重する」という立場を表明したことは、とても意義あることだと思います。
[PR]

by satokichichobita | 2007-09-20 23:58 | 議会報告  

一般質問が終わりました

一般質問が終わりました。
今回の質問の中で、特に時間をかけて調べたのが、4月から新しく始まる「特定健診」という新しい健康診断の制度でした。
世田谷区で今まで続けてきた「基本健康診査」に比べ、検査項目は減るし、自己負担も必要になるかもしれない・・・。
今日の質問で明らかになったことは、検査項目が変わることについて、今まで行ってきた検査をどうするか、今後検討するということ。
健診の自己負担については、一般会計から支出するかどうかは、低所得対策なども考えて検討するということでした。
(詳しくは、区議団ホームページをチェックしてください!)
今日は、午前中に「後期高齢者医療制度」についての質問も、日本共産党の岸たけし議員が行いました。
区民の、命と健康にかかわる大切な問題ですから、引き続き行われる決算特別委員会でも取り上げていきたいと思います。
[PR]

by satokichichobita | 2007-09-19 22:34 | 議会報告  

第3回定例会のおしらせ

9月18日から第3回定例会が始まります。
今回私は一般質問に立たせていただきます。
皆さま是非傍聴にいらしてください!
時間:9月19日(水)14時10分頃~
質問内容
1.「特定健診」について
来年4月から新しく始まる「特定健診」について、今までの区民基本健診と同様に、無料で行うよう求めます。
また、「特定健診」では健診項目が限られるため、区独自の健診を求めます。
2.妊婦健診の助成拡充を求めます。
3.区民が安心して住み続けられる住宅を求めます。

なお、日本共産党区議団の代表質問は、9月18日(火)15時50分頃~です。
[PR]

by satokichichobita | 2007-09-14 23:59 | 議会報告  

保育園、区立幼稚園の値上げの理由は?

 施設使用料の値上げと一緒に示された、保育園と区立幼稚園の保育料の値上げ計画。

 2歳児を保育園に通わせているお母さんに話をしたら、「保育園で、父母に説明するっていってました」とのこと。細かく階層が分かれているので、一人当たりいくらの値上げとはいいにくいのですが、「保育園全体で見れば、約1億5千万円の値上げになる」と説明すると、びっくり!
「エー!世田谷区ってそんなお金ないの?」という答えが返ってきました。
そうですよね。やっぱりみんなそう思いますよね・・・。でも、実際は世田谷区の財政が厳しいわけではありません。今度の補正予算で、一気に70億円も基金に積み立てる(貯金にまわす)くらいですから・・・。
 
ちなみに区立幼稚園の保育料は6000円から8000円への値上げという計画です。
 値上げの理由は、どちらも「税による負担と受益者による負担との適切なバランスを確保し、区民間の公平な負担を実現するため」だそうです。
この適切なバランスってなんでしょうか?この値上げで、バランスはよくなったのでしょうか?それともまだまだバランスが悪いから、今後も値上げが必要なのでしょうか?

 子育て支援を拡充するという区長の公約は、いったいどこへ行ってしまったのでしょうか?
こんな値上げ計画は、やっぱりおかしいし、公約違反ですよね。
日本共産党区議団としても、この問題しっかり取り組んでいきます!!

★具体的な内容は、9月20日号の区のお知らせに出るそうです。
[PR]

by satokichichobita | 2007-09-08 21:59 | 議会報告  

どうなる?給田5丁目の高齢者施設計画

 9月5日に行われた、福祉保健常任委員会で、区有地活用における「高齢者等福祉施設整備運営予定事業者の辞退について」という報告が、ありました。
この土地は、10年以上前、区が精神障害者施設を建設するとして買い上げたことろです。
その後、高齢者施設にするということで、公募により事業者を選定しましたが、結局思うように補助金が出ない等の理由で、事業者が辞退をしました。
 その後、改めて公募を行って、2006年1月、別の事業者が、認知症高齢者グループホーム(ショートステイ21床含む)をつくることになりました。
 ところが、またまた計画が頓挫。理由は、いろいろあるようですが、この地域にショートステイなどができると待っている区民にとっては、とても困った話です。
 せっかく、区が土地を持っているのですから、区の責任で一刻も早く施設を作れないのでしょうか。区が積極的にその役割を果たして欲しいものです。
 
[PR]

by satokichichobita | 2007-09-07 11:26 | 議会報告