<   2007年 09月 ( 25 )   > この月の画像一覧

 

憲法の集い

f0142113_12254775.jpg

雨の中、約30人が集まって、憲法9条を愛する烏山地域の会主催の集いが行われました。
今回は、烏山寺町にある乗満寺の本堂をお借りして、会の名付け親でもある住職の遠藤さんにお話をしていただきました。
仏教のはなしもしながら、日本の憲法がいかに世界平和を考えているか、など熱く話していただきました。
[PR]

by satokichichobita | 2007-09-30 23:59 | 活動日誌  

原爆症実態合う認定に-厚労省検討会が被爆者聞き取り

原爆症認定基準の見直しについて議論する厚生労働省の検討会が開かれ、被爆者の聞き取りが行われました。
約25万人もいる被爆者…でも原爆症と認定されているのは、たった2000人余り。
被爆者方々は、やむにやまれぬ思いで 「原爆症認定集団訴訟」という形で基準の見直しを求めてきました。
集団訴訟では、国が6連敗し、国も重い腰をあげたのです。
厚労省の検討会での意見陳述を新聞で読みましたが、この裁判中にも亡くなっている原告の方もおり、国は一刻も早い制度の見直し、救済をすべきと改めて思いました。
[PR]

by satokichichobita | 2007-09-29 23:27 | ニュースを読む  

来週からいよいよ決算特別委員会

早いもので、来週はもう10月。世田谷区議会では2日から決算特別委員会が始まります。
事前通告して行う質問ではないため、直前までいろいろ検討して、どんな質問になるのか、まだ自分でもわかりません…。
予算懇談会でお話を伺ったみなさんの要望なども含めてしっかり取り上げていきたいと思います。
[PR]

by satokichichobita | 2007-09-28 23:36 | 議会報告  

私の元気の素は…

f0142113_23441337.jpg

約1ヶ月続く議会の真っ最中。
議会中といっても、ホントに様々な相談が寄せられています。
中には緊急の相談もあります。
おととい同僚の中里区議が他区の議員から相談を受け訪問した方は、もう少し発見が遅れたら、お金がなく病院にいけないまま、亡くなっていたかもしれませんでした。

そんな忙しい日々の中、私のささやかな楽しみは、猫!です。
見てるだけでも癒されます。
写真の猫は最近見つけたカフェ(?)の猫です。
[PR]

by satokichichobita | 2007-09-27 23:44 | プライベート  

沖縄から全国へ 沖縄「集団自決」検定撤回を

 昨日もこのブログに書きましたが、沖縄戦「集団自決」をめぐる教科書検定の撤回を求める運動が、全国に広がっています。
琉球新報によると、宮古市議会では、姉妹都市や友好都市などに対し、検定意見の撤回要求について賛同や議会決議を呼びかける文書を送付したそうです。
 世田谷区議会事務局に問い合わせたところ、世田谷区にも今日夕方、その文書が届いたとのことでした。
 
 宮古島市議会議長は、「検定問題は県民だけの問題ではなく、国民の共通課題。教育関係団体への呼びかけや全国に理解を広げることにつたえたい」と語っているそうです。
[PR]

by satokichichobita | 2007-09-25 18:26 | ニュースを読む  

沖縄戦集団自決ー教科書検定の撤回もとめて東京でも意見書採択

 
 文部科学省が「集団自決」に軍の関与があったとする歴史教科書を検定にしないとしたことに対して沖縄の県議会、市町村議会すべてが抗議の意見書をあげていますが、東京都内の自治体でも2つの市議会で意見書が採択されました。東久留米市議会と国立市議会です。

 この問題は、もちろん沖縄だけの問題ではありません。過去の侵略戦争が正しい戦争だったと、歴史の事実さえゆがめてしまおうということに対し、国内外から厳しい批判の声が上がっています。

 わが区議団も、代表質問で平和の問題を取り上げました。(桜井稔区議が行いました)
その一部を紹介します。

 最後に、平和の問題で区長の見解を伺います。
 日本がアジアの国々に侵略戦争を行い、日本で310万人、アジアで2000万人の尊い命が奪われ、その深い反省から二度と戦争をしないと誓ったのが憲法9条です。
略)

 沖縄戦では20万人が命を落としました。
 私はこの夏、沖縄の戦跡をみました。もっとも激しい戦争になった沖縄南部、その一つの「ひめゆり」跡地では、10代、20代の女性200人以上が亡くなりました。
 日本軍が住民に「米軍に捕まるな」と命令し、「いざという時は自決せよ」と手りゅう弾を配り、日本軍によって壕を追い出され砲弾飛びかう中で死んだ者や敵に捕らえられないために海に身を投げた者、手りゅう弾を胸にあて爆発させた者など、多くの村人が集団自決に追いこまれました。
 ひめゆり平和祈念資料館の鎮魂の間には、ひめゆり学徒の一人ひとりの遺影があり、写真の下に生前の人柄、戦時中の様子などが書かれています。
 元気で明るくみんなに好かれていた。誰にでも優しく思いやりがあった。本が好きで勉強熱心だった。
 などなど一人ひとりの女子学生の生きた証を読み続けるうちに、なぜこの若い人らが死ななければならなかったのだろうと、涙がとまらなくなりました。
 文部科学省は、「集団自決」に軍の関与があったとする歴史教科書を検定にしない、ことに対して沖縄の県議会、市町村議会すべてが抗議の意見書をあげました。
 意見書では「集団自決が日本軍の関与なしの起こりえなかったことは紛れもない事実」と指摘しています。
 区長は、区長のご家族も戦争の惨禍に遭われ、戦争のご苦労を体験しています。戦争をすすめた軍隊が多くの女性や子どもをまきこんで、多くの悲劇を生みだしました。
 こんな悲惨な戦争を二度と繰り返してはならないと思いますが、区長の見解を伺います。
 また沖縄戦での「集団自決」に「軍の関与がなかった」ということにどう思うか。見解を伺います。
[PR]

by satokichichobita | 2007-09-24 21:08 | 議会報告  

烏山9条の会「憲法の会」のご案内

来週の日曜日に、憲法の集いを開きます。
今回お話いただくのは、烏山寺町の乗満寺住職、遠藤秀賢さん。
遠藤さんは、烏山9条の会(実は正式には「憲法9条に愛せられ憲法9条を愛する烏山地域の会」といいます!)の名付け親であり、代表世話人という方です。
今回は乗満寺の本堂をお借りして行います。
日時*9月30日(日)14時~16時
場所*乗満寺本堂(千歳烏山駅から徒歩10分またはバスで「寺町通2番」前下車)
参加費無料です。
是非お気軽にご参加下さい。
[PR]

by satokichichobita | 2007-09-23 23:55  

映画「シッコ」観てきました

やっと観に行ってきました。
先進国で唯一、健康保険制度のないアメリカ。以前からひどいとは聞いていましたが、想像以上で驚きました。
民間医療保険に入っていても、なんだかんだと理由をつけて支払いを拒否。
手術代がかさんで自己破産、お金がなければ病院が患者を文字通り、追い出す…。
医療保険のある他の国に比べ、平均年齢が短いというのも、驚きでした。
いろいろ考えさせられました。
[PR]

by satokichichobita | 2007-09-22 23:52 | プライベート  

千歳烏山駅周辺地区街づくり協議会設立総会

今日は、千歳烏山駅周辺地区街づくり協議会設立総会に参加してきました。
世田谷区では、京王線(笹塚駅~仙川駅)の連続立体交差化事業の実現に向けて、東京都、杉並区、京王電鉄とともに当該区間の道路や沿線街づくりに関する検討会を設置しています。

地域でも自分たちの街づくりについて考えて、地区街づくり計画の検討、立案などするために、今回の協議会を設立するはこびとなったそうです。
今日は、これまでの経過や協議会設立の趣旨が報告された後、会則を決めたり運営委員の選出を行いました。

次回の協議会は10月30日(火)18時半~烏山区民センター集会室です。
烏山駅前の街づくりに関心のある方は参加してみてはいかがでしょうか。
[PR]

by satokichichobita | 2007-09-21 23:45 | 地域の問題  

区長が非核3原則を尊重すると発言

これは、今日の中里光夫区議の一般質問に答えたものです。
中里区議は、核兵器をめぐる問題について、平和都市宣言にもとづいて、世田谷区が平和のために積極的に貢献する、そのためにも、区長の態度が大切と訴えました。

そして「唯一の被爆国である日本には、核廃絶での役割を発揮してほしいと言う期待が内外にあります。 今、政府が、核兵器を持たず、つくらず、持込ませずの「非核3原則」の立場を鮮明にすることが必要です。それを政府に求める「非核日本宣言」運動が広がっています」ということを述べて、区長に「非核3原則」についてどう考えているのか質問しました。

区長は「核を作らず、持たず、持ち込ませず」ということは、世田谷平和都市宣言を決めときから変わらないと答弁しました。

世田谷区長が「非核3原則を尊重する」という立場を表明したことは、とても意義あることだと思います。
[PR]

by satokichichobita | 2007-09-20 23:58 | 議会報告