<   2011年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 

外環道計画はおかしい!

外環道の説明会に参加してきました。会場は調布市でしたが、世田谷区の方も参加していました。
会場からは、「どこからお金がでるのか、誰が事業をやるのかも決まっていないのに、計画を進めるのはおかしい」など、計画そのものに異議を唱える方が何人もいました。
大気汚染をはじめ環境破壊が心配、街が分断されるなど地元では反対の方々がたくさんいます。
しかも1メートル作るのに、1億円もかかる道路なんて、本当に税金の無駄遣い!
民主党政権の、「コンクリートから人へ」って、何だったんでしょうか?
外環道計画は中止すべきです!
[PR]

by satokichichobita | 2011-01-28 00:32 | 活動日誌  

京王電鉄と交渉してきました

 今日は、京王電鉄本社で、千歳烏山駅や芦花公園駅の改善問題で交渉してきました。

 両駅とも、バリアフリーの工事がだいぶ進みもうすぐ完成します。2002年夏、まだ候補者だったときから地域の皆さんと駅のバリアフリー化を求めてきただけに、感慨深いものがあります。私自身、子どもをベビーカーに乗せて出かけるとき、地上改札になって本当に助かっています。
 
 運動に参加してきた住民のみなさんから、「駅のバリアフリー化工事はもうすぐ終了するけど、問題点はないのか、調査しよう」という声がだされ、11月に区内の京王線各駅を一駅ずつ現地調査を行いました。
 今回の交渉は、その時に明らかになった問題についての改善を求めるものです。要望項目は、全部で17項目になりますが、千歳烏山駅と芦花公園駅について報告します。

要望とそれに対する回答は以下の通りです。

千歳烏山駅について
①南口踏切際の植栽ボックスを撤去し、踏切手前の歩道幅を広げてください。
回答→道路と踏切は同じ幅にすることが原則。東口は現在エレベーター設置の工事をしているので、それと合わせて幅を広げられるよう検討したい。大幅には難しいが多少でも広げられるようにしたい。

②地下階段に自転車が通行しやすいようにスロープを設置し、南北通路として利用できるようにしてください。
回答→自転車用のスロープ設置については以前より要望をいただいているが、傾斜基準があり、スロープを設置するためには今の階段の倍の長さが必要になる。それは難しいので、西口改札の先にある地下通路の改善を図り、そちらに誘導していきたい。

③駅西口もバリアフリー化をお願いします。
回答→お気持ちはよくわかるが現在連続立体交差事業の対象となっているため、バリアフリー化のための補助金はなかなか難しい。

芦花公園駅について
①雨が降ったとき傘をささずに乗降できるよう屋根を設置してください。
回答→電車が止まるホームに屋根は必要と認識している。全駅順次、屋根をつける工事を行っている。1年1、2駅ずつ行っている。

②橋上駅の下の部分に、駐輪場を設置してください。
回答→今のところ、駅両側に区立駐輪場、京王の駐輪場があり、必要性は低いのではないか。

③下りのエスカレーターを降りたところが、すぐ道路のため、自転車など走ってくると危険です。安全対策をお願いします。
回答→道路そのものの対策はできないが、駅利用者の安全のため何らかの注意喚起ができないか検討したい。

 京王電鉄からは、鉄道事業本部から、計画管理部計画担当の方、工務部建築担当の方、鉄道営業部旅客サービス担当の方などが対応をしてくださいました。
 お話を伺っていると、「連続立体交差事業」が進もうとしているため、その補助金と重ねて補助金を出してもらうのが困難だという話が何回も出てきました。
 それでもいくつかの点では、今行っている工事と合わせ改善の方向で検討していただけるようなので、引き続き地域の皆さんの声を伺いながら、交渉など行っていきたいと思いました。



 
[PR]

by satokichichobita | 2011-01-24 18:39 | 活動日誌  

「子育て中のみなさんの悩みと要望を聞く会」を開催

 1月22日(土)区議団主催で、区内在住の子育て中の方のお話やご要望を聞く会を開催しました。
私自身、1才になる息子がいるので、同じくらいの子どもを育てているママの発言には、「わかる、わかる…」と思うことが多々ありました。

 要望で一番多かったのは、やはり「保育園をもっとふやして!」というものでした。自営業の方は、保育園に入れないため、子どもを連れて取引先にいったり、実家に預けたり、毎日綱渡りで仕事と子育てをこなしているというお話でした。看護師さんは、夜勤が免除されていた期間は何とか仕事を続けられたが、子どもが3才になり夜勤免除がなくなり、仕事をやめた。今は、次の仕事をさがしている、というお話でした。

 不妊治療についても、特定治療についてはある程度補助があるが、一般治療にも補助を出してほしいとの要望がありました。

 また、小学生のお子さんを持つ方からは、今の学童保育があまりに人数が多く大変。もっと環境を整備してほしい。先生の人数も増やしてほしいという要望が何人もの方から出されました。これには小さい子どもをもつお母さんたちもびっくり!

保育園に行く子どもがこれだけ増えているんだから、学童保育に行く子どもも当然さらに増えるはず…。

 日本共産党は、学童保育の環境整備、具体的には教室など使える部屋を増やすこと、職員を増やすことを議会でも繰り返し求めていますが、引き続き頑張らなければ、と思いました。

 中学生のお子さんをもつ方からは、区の行っている平和巡回展についてのご意見、また都立高校は授業料無償になったが、私立高校は、初年度85万円、92万円など負担が大きい。私立高校についても、対策をとってほしい、などのご要望がだされました。

 子育てママを応援したいと、元看護師さんや助産師さん、特別支援学校の先生、地域で子育てサロンを主催している方など年配の方々も多数、参加してくださいました。

 子育ての経験談や、保育園をつくれ!という運動のお話など貴重なお話を聞かせていただきました。

 議員としてはもちろん、子育て中の母親としてもとても勉強になりました。
みなさんから寄せられたご意見、ご要望は、さっそく議会活動に生かしていきたいと思います。



 この日の午後は、烏山地域の年金者組合「新春のつどい」に参加させていただきました。
 私も組合員の一人として、また区議会議員としてご挨拶をさせていただきました。

 この日は、参加者が100人を超え、大変盛り上がっていました。ここでも、北烏山の循環バスについてお話をすると、「あのバスにのって、銭湯に行く人が、終バスが早く終わるようになって困るっていってたよ」との情報が。
 やっぱり、困っている方が相当いらっしゃるようです。なんとか解決できるようがんばります。
[PR]

by satokichichobita | 2011-01-23 22:24 | 活動日誌  

バスの最終時間を元に戻して!

 北烏山の寺町、久我山病院、都営烏山住宅、着た住宅などを通るバスは地域の貴重な足です。ところが、昨年9月末のダイヤ改正で、それまで8:30だった終バスが、7:10に繰り上げられてしまいました。また日中のバスの本数も減らされてしまいました。「バズで久我山病院のお見舞いにいっていたが、バスが早く終わってしまい困る」「仕事で帰りが遅くなったときバスがなくなってしまい困っている」など何人もの方から苦情が寄せられています。
 地域の皆さんと相談して、バス会社との交渉に行くことにしました。
[PR]

by satokichichobita | 2011-01-21 00:02 | 活動日誌  

ブログ再開!!

以前、ブログを読んでいただいていたみなさま、たいへん、たいへんご無沙汰しています。

ずいぶんブログを更新していないが、どうしたのかと、たびたび心配のお声やお叱りのお声をいただきながら、再開できないままで、申し訳ありませんでした。

いろいろ考えたり、「再開するなら表紙も変えて」などと思うと、また再開できなくなってしまうので、突然ではありますが、再開することにしました。

ブログをお休みしている間に、いろんなことがありましたが、一番は何と言っても昨年1月に子どもが生まれたことです。
もうすぐ、1歳になる子どもを育てながらのドタバタ議員活動を、続けています。

今の活動についても、少しづつ書いていきたいと思いますので、お付き合いをよろしくお願いします。
[PR]

by satokichichobita | 2011-01-17 18:01 | 活動日誌